参考出典  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/teityaku_kobetsu.html

 「職場定着支援助成金(介護労働者雇用管理制度助成コース)」は、介護業界における人材不足を解消するため、介護事業主が介護労働者の職場への定着の促進に資する賃金制度の整備などを通じて、労働者の離職率の低下に取り組んだ場合に助成するものです。

是非、参考にしてください。

助成金の概要

A 制度整備助成:50万円

介護事業主が介護労働者の職場への定着の促進に資する賃金制度の整備(職務、職責職能、資格、勤続年数等に応じて階層的に定めるものの整備)を行う。

B 目標達成助成(第1回):57万円

Aに加え、賃金制度の適切な運用を経て、介護労働者の離職率に関する目標を達成した場合、計画期間終了1年経過後に目標達成助成(第1回)を支給します。生産性要件を満たした場合は72万円を支給致します。

C 目標達成助成(第2回):85.5万円

Bに加え、賃金制度の適切な運用を経て、介護労働者の離職率に関する目標を達成した場合、計画期間終了3年経過後に目標達成助成(第2回)を支給します。生産性要件を満たした場合は108万円を支給致します。