参考出典=https://hlc-lcca.jp/program.htm

 今回は、「送り出し機関」と「技能実習生」と「監理団体」と「受入企業」と「外国人技能実習機構」と「入国監理局」がどのような関係になっているかを簡単に記載致します。

 【送り出し機関】

①送り出し機関は、監理団体と契約が必要になります。

②送り出し機関は、技能実習生との応募選考と決定を行います。

【技能実習生】

①送り出し機関に対しご自身が応募を行います。

②受入企業と雇用契約を結びます。

③監理団体へ入国書類を提出致します。

【監理団体】

①送り出し機関との契約を行います。

②技能実習生の入国を支援致します。

③受入企業へ技能実習・指導・支援を開始致します。

④外国人技能実習機構に申請を行います。

⑤入国監理局に申請を行います。

【入国管理局】

①監理団体から申請を受け付けます。

②監理団体に入国許可申請を付与します。

【外国人技能実習機構】

①監理団体から実習計画の申請を受け付けます。

②監理団体に実習計画の認定を付与します。

ポイント

①6団体があること。(全体を把握しましょう)

②監理団体と送り出し機関(監理団体の得意な国を確認しましょう)

③送り出し機関は沢山あること(質の良い会社を選択しましょう)

④技能実習生受け入れには、監理団体への加盟が必要となります。