参考出典=https://hlc-lcca.jp/program.htm

今回は、介護技能実習生が受入可能事業所についてご説明致します。

実習実施先として技能実習生を受け入れる要件は5つあります。

1.技能実習指導員を配置しなければなりません、そのうち1名は介護福祉士等の有資格者であること。

2.技能実習生5名につき1名以上の実習指導員を選任していること。

3.技能実習を行わせる介護事業所が、開設後3年以上経過していること。

4.介護福祉士受験要件となる実務時間が算定できる事業所であること。

5.役員などに欠格事項がないことなど。

受入れ施設・事業所の種類は6つあります。

1.児童福祉法関係事業所(6種)

2.障害者総合支援法関係事業所(11種)

3.老人福祉法・介護保険関係事業所(23種)

4.生活保護法関係(2種)

5.その他社会福祉施設(8種)

6.病院または診療所(2種)

ポイント

1.技能実習生を受け入れる介護事業所には5つの要件があります。

2.受入事業所は6種類にて52事業所があります。