参考出典=https://visa.yokozeki.net/touroku-shien-kikan/

 特定技能制度には2つの機関があります。

「特定技能所属機関」

「登録支援機関」

 「特定技能所属機関」と「登録支援機関」の役割

「特定技能所属機関」とは「特定技能外国人を雇用する会社」です。「特定技能外国人」を受け入れる会社は、外国人の職場上・日常生活上・社会上の支援 を行わなければいけません。

 「特定技能外国人」の支援には専門的な内容もある為、「特定技能所属機関」自身で実施するのは、難しいケースもあります。

 「登録支援機関」とは「特定技能所属機関」から支援委託契約を結び「1号特定技能外国人」の支援計画の作成・実施を行う機関です。

 1号特定技能外国人支援計画とは

  1. 入国前のガイダンス
  2. 出入国する際の送迎
  3. 適切な住居の確保・生活に必要な契約に係わる支援
  4. 生活オリエンテーションの実施
  5. 日本語学習の機会の提供
  6. 相談又は苦情への対応
  7. 日本人と交流促進に係る支援
  8. 転職の支援
  9. 定期的な面談の実施
  10. 行政機関への通報

いずれも、1号特定技能外国人が十分に理解する事のできる言語での実施となります。

(次回は、任意的支援と義務的支援となります)