参考出典=https://visa.yokozeki.net/zairyu-shikaku/

在留資格とビザの違い

日本への入国審査の際に、入国審査官は、まずパスポートにあるビザを確認します。ビザには、外国人が日本に入国した後の、日本に滞在する理由が書かれております。

入国管理局は、そのビザに記載された日本での滞在理由に限定して日本に在留する資格を与え入国を許可します。その日本に在留する資格を「在留資格」と呼びます。

ビザの発給は外務省「日本大使館又は領事館」でしたが、入国審査は法務省「入国管理局」の管轄となります。

つまり、ビザ(査証)は「外務省から法務省へあてた、在留資格を与えるための推薦状」 とも言えると思います。

外務省(日本大使館)は独自の審査基準があり、法務省(入国管理局)にも独自の審査基準があります。

ですので、ビザがあれば、必ず在留資格を付与された事では、ありません。

この入国時に、ビザを確認して在留資格を付与するかを決める審査を「上陸審査」といいます。ビザは入国検査(上陸審査)の為に必要なものですので、入国審査の後は無効になります。

かわりに入国審査の際に与えらえた「在留資格」が、入国後には日本に在留する根拠となります。

つまり、ビザは入国をするために、必要なもので、在留資格は「入国後に外国人が適法に日本に滞在するための資格」と言えます。