参考出典=http://workin.jp/inquire/recruiting/data/tohoku-investigation

採用サイトや求人原稿に、社員や社長のコメントを入れている企業様も多いと思います。色んな立場の方のコメントを掲載できるのが一番ですが、掲載できる情報量や掛けられる手間に限りがある場合は、「誰のコメントを載せるのがよいか?」を考慮し取捨選択する必要があります。

今回のアンケートでは、仕事探しをする女性が積極的にコメントを読みたい対象は「社員・スタッフ>人事>社長・店長」という順で回答が集まりました。

第1位 社員・スタッフ 32.0%

第2位 人事      20.1%

第3位 社長・店長   18.4%

 

就職後に自分と同じ立場となる人がどう動き、何を感じているかといったことに関心が髙いようです。もちろん企業様ごとに自社の魅力を引き出すための誰のコメントを採用するのがベストかは異なります。

人事担当者や社長のメッセージを採用するのがよいケースもあります。そういった場合は読む人の「目線の高さ」「関心事」に合わせた内容を盛り込むことを意識してメッセージを用意するとよいでしょう。

今回の調査結果からは、女性は仕事と家庭を両立することを前提に、制約のある条件の中でも、まずは勤務時間、日数や勤務地といった条件から求人情報を選んでいっていること。また有意義に働ける職場を求め、事前に条件だけで推し量ることのできない環境面での多くの情報を集めていることが明らかになりました。

女性が働きやすい職場であることをうまくアピールできれば、より応募を促進しやすくなるという事です。

必要な人材=ターゲットに向けて情報を効果的に発信するには、求職者の目線に立って求人原稿を作成する必要があります。求職者ごとの状況や置かれた環境を想像して、何を求められているのかを具体的に考えて広告を作成することが、ポイントになるでしょう。

「医療介護・仕事百景」サイトの記事は、求職者目線の記事となっております。

  求人サイトの記事を検討の法人様はお気軽にお問合せください。

問い合わせ先 株式会社ハートワームhttp://heartwarm.jp/