参考出典=http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000016455.html(PRTIMES)

統計の推移を見ますと、1位「ほかにやりたい仕事がある」が増え、2位「会社の将来性が不安」割合は減っております。

3位「給与に不満がある」というのは、常に一定の割合です。

仮説をたてますと、「やりたい事が実現できるのであれば、会社の規模は関係ない?」事が成り立ちます、もし、「ほかにやりたい仕事がある」と退職理由を述べた職員様の相談があれば本当にやりたい事なのか見極めてあげる事も大切かと考えます。